スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.09.09 みんなでパブ

今日は木曜日。

朝起きて、ドイツ語の宿題の残りをやり、フランスパンにレタス、サラミ、トマト、オニオンをはさんだ簡単なサンドイッチを食べて、もうちょっとドイツ語をやる。

その後、スペイン人の友達、二人、一人は男ノラット、一人は女ナターリャ、一人は日本人の自分という、三人で学校の近くにある、学食にあたるメンザというカフェにランチに行きました。

こっちでは、スーパーの食品が日本より安いだけでなく、学食も日本より安い気がします。

向こうの人が食べると、自分よりかはお金がかかるのかもしれないですが、それでも3ユーロぐらいでランチがすみます。



ランチの後は学校に行き、ドイツ語の授業。

一時半から五時までで、途中で三十分の休憩があります。

今は主に動詞の変形や、ドイツ語は名詞に女性男性中性などの区別があるので、それにまつわる変化を練習しているという感じです。
結構複雑で理解に苦しみますが、ヨーロッパ周辺の人も苦しんでいるので、安心してはいけませんが気がまぎれます。


授業が終わると、まず、木曜日は授業終わりの時間に、学校側がインターナショナルシュチューデントどうし仲良くなりましょうという企画で、コーヒーとケーキを無料で出してくれる、カフェブレイクなるものをやっているので、それに参加しました。

どんな話をするかといえば、少子化問題など難しい話題から、どんなアニメが好きかというような非常に世間話的なものまでさまざまです。
 
今日はスペイン人がいっぱいいたので自分は後者のほうに混じっていました。

基本的に前者のほうは英語ぺらぺらの優等生の話題で、後者は英語苦手な人たちの話題となっています。

前者は色々な意見を聞き、またそれを自分の糧とするような、知的な喜びを味わうものですが、
後者のほうは、アニメのキャラクターの真似をしたしといったボディーランゲージがまかり通る内容なので、雰囲気を味わうものとなっています。


今回は侍の話題が出たので、伸びた前髪を上に引っ張り、ジャパニーズサムライ!!チョンマーゲ!!と叫んでみました。

一回ほんとにサムライのコスプレをしてきてくれといった感じで、以外にウケました。

海外から見て、日本というのはほんとに興味深い特殊な文化を持った民族なのかもしれません。
ハラキリ、カラテ、ゼン、トーキョー、みなそろって、こういう言葉は知っています。そして、みな一度日本に行きたいといいます。
自分も相手の国に行きたいといいます。

社交辞令ではありません。本当に行きたいのです。お互いに。



カフェブレイクが終わるとみんなと一緒に寮に帰っていたのですが、気づいたら町の中心にいて、気づいたらパブの目の前でした。

当然入りました。

フランスの女の子3人にスペインの男の子3人、トルコの男の子2人に日本から男女2人、計10人。


そこは、懐かしいロックから、ちょっと前にはやった感じのロックがかかる良い感じの雰囲気のパブでした。そこで、みなビールを頼み、なぜかスペインのトランプに似たカードゲームで遊びました。

お店でカードゲームをするというのは初めてでしたが、みんなの空気のほぐすのはうってつけでした。


時々外に出て、タバコをすったりすると道は夜の時間を楽しみに来たドイツ人が道にあふれ、みなそろってお酒を飲み、会話を楽しんでいました。

まだ、木曜日だけどと思ったけれども、そういうお国柄なのかもしれません。

そして、町が綺麗だし、道にたくさん出ているカフェテーブルもそれにマッチしているので、酔っ払いだらけでも、悪い雰囲気はしません。いたっておしゃれな感じです。


食事を楽しむ、会話を楽しむ、音楽を楽しむ、美を楽しむ、こういったことが一般庶民にまで定着しているというのは、ヨーロッパならではの文化なのかもしれません。

日本ではどうしても同じようにはいきません。

かといって、日本も必ずそうなるべきかといえば簡単にはそうはいえないのが難しいところです。



ともかく、毎日は楽しく順調にすすんでいく。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://rkyotnao.blog62.fc2.com/tb.php/6-1334ba91

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。