スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア ローマ フィレンツェ ベネチア

イタリアに来てから大体一週間が経つ。 ローマに三日フィレンツェに三日とまり現在ベネチア

こっちに来てからは教会や広場や美術館を中心に見てきているが、あまりにも量が多いので、もうすでにどれがどの教会だったか判らなくなる始末。 ローマではボッティツェリの設計した教会が非常に良かったのを記憶している。バティカンは大きくて荘厳ではあったが、そこまで惹かれることは無かった。サンピエトロ広場も写真で見る以上の感動は特に得られなかった。でも、綺麗であることは間違いない。


フィレンツェではブレネレッスキの設計したドゥオモを見て、ウフツィ美術館でボッティツェリの春やヴィーナス、ダヴィンチの受胎告知など教科書でもおなじみのルネサンス絵画を見ることが出来た。

ちなみに、ブレネレッスキのドゥオモは小説「情熱と冷静のあいだ(冷静と情熱どっちかわからな)」の舞台になってます。

あと、フィレンツェではチューリッヒに行ったときに知り合った中国系アメリカ人のイーボウと再び会うことが出来、ランチを一緒にとった。


ベネチアには今日到着し、海の上を電車で渡り、水路を船に乗って宿へと向かった。

ベネチアの町は迷路のように入り組んでいてすぐに迷ってしまうが、水路を小さな橋を渡って跨ぎ、建物の中を通り抜け、歩いているだけで楽しく時間を忘れる。

ベネチアには三日ほど滞在し、ヴィセンツァ、ヴェローナへと移動する予定。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://rkyotnao.blog62.fc2.com/tb.php/37-0706677a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。